個人情報保護方針

個人情報保護方針

社会福祉法人東京聖労院(以下、「法人」という)では、個人情報の保護について以下のような考えのもと、取り組みをすすめていくことをお知らせ致します。

1.個人情報保護の理念

法人では、高齢福祉事業及び児童福祉事業において、利用者様の個人情報を取り扱う場合がございます。個人情報保護に対する社会的なニーズの高まりや本人のプライバシー権の保護のため、お預かりした個人情報は、プライバシーマークの認定基準である、JIS Q 15001に基づいて、安全に保管し、取り扱うことを最大の課題と認識し、事業活動にかかわる全従業者及び関係者に徹底していきます。また、従業者(退職者、採用応募者も含む)、取引先の個人情報も適切に取扱うことをお約束致します。

2.個人情報の適切な取得、利用、提供に関して

法人では、事業の内容及び規模を考慮し、業務遂行に必要な範囲で個人情報の取得をおこないます。取得にあたっては、予め特定した利用目的をご本人に通知し、同意を得た上でおこないます。 個人情報の利用は、特定した利用目的の範囲内とし、利用目的を変更する際には、予めご本人に通知し、同意を得た上でおこないます。 個人情報は、法令に基づき適正に提供を要求された場合、および利用目的を遂行するために業務を委託する場合を除き、ご本人の同意なく、第三者に提供することはございません。 目的外の利用や提供を防止するため、個人情報の利用及び提供は、個人情報保護に関する内部の統括責任者(個人情報保護管理者)が、その適正性を確認した上でおこなっています。また、自主点検、内部監査等の活動を通じた統制活動も強化しております。

3.個人情報保護のための安全管理策

(1)個人情報の漏えい、滅失、毀損等に対する予防措置

法人では、個人情報の漏洩、滅失、毀損等を防止するための厳重なセキュリティー対策を実施しております。また、これらを徹底するため、従業者への教育・監督をおこなっています。 個人情報取り扱い業務を社外に委託する場合は、委託先の選定や監督を厳重におこなっております。

(2)個人情報の漏えい、滅失、毀損等に対する是正措置

万が一、個人情報の漏えい、滅失、毀損等が発生した場合は、被害拡大防止を最優先とし、速やかに是正措置を講じるとともに、原因究明をおこない、再発防止に努めます。また、事故に関する情報について、必要な範囲で関係者、関係機関に報告します。

4.法令、国が定める指針、その他の規範の遵守

法人はあらゆる事業活動において個人情報を利用する特性上、個人情報に関する法律および関係法令、主務官庁のガイドライン、所属団体などのルール等、ならびにその精神を遵守することの重要性を認識し、従います。

5.個人情報保護マネジメントシステムの継続的改善

法人は個人情報の保護に関するマネジメントシステムを従業者に周知徹底します。また、これを実行し、維持するとともに定期的に見直しをし、継続的改善に努めます。

6.個人情報に関する苦情、相談への対応

法人に対して、個人情報の取り扱いに関する苦情の申し立て、相談をおこなう場合は、下記の窓口よりお願いします。また、本個人情報保護方針へのお問い合わせも下記にて受け付けています。

▼個人情報保護窓口

電話番号:042-493-0180
メール:honbu@seirouin.or.jp
受付時間:9:00~17:45(土曜・日曜・祝日・年末年始は除く)

社会福祉法人 東京聖労院
理 事 長 和田 敏明
制定日 2009 年 6 月 1 日

トップへ戻る