活動予定・報告

活動予定・報告

■活動予定

■活動報告

2019年02月

法人開催のフォーラムにて清雅苑も発表を行いました!

2/10(日)中野サンプラザにて行われた 社会福祉法人東京聖労院全体のフォーラムにおいて清雅苑は「インカム導入について」というテーマで発表を行いました。
発表の様子と内容(一部抜粋)をご報告します。

20190210_01
【発表:施設サービス部 部長 吉澤大助】

清雅苑では平成30年7月よりインカムを導入しています。
導入のきっかけになったのは主に下記の課題を抱えていたためでした。

① 離設事故防止対策としてエレベーター使用時に必ず内線でフロアに伝えることになっているが、繋がるまでに時間を要しお客様を待たせてしまう。
② 業務連絡としてのフロア間の内線も繋がりづらい。
③ 緊急時等に職員を探す際、大声で叫ぶか歩いて探し回らなければならない。
④ 職員の情報共有を一度には集まることができないので何度も行わなければならない

この課題解決策として 当時の副施設長がユニクロのスタッフのインカム着用姿を参考に清雅苑でもデモ機を試すことを提案したのが導入のきっかけとなりました。
半信半疑でデモ期間を迎えた職員も2週間が過ぎるころにはその便利さをほぼ全員が理解するようになっていました。

そして正式導入。上記課題の解決はもとより、他の効果もありました。一部声を抜粋します。

① 夏祭りでの誘導。「次~さんが降ります。1階で受けてください。」「体力の少ない~さんを誘導してください。」など事前のやり取りによりスムーズに行うことができた。

② 排泄介助や入浴介助の際や看護師の処置が必要な時に、インカムで看護師を呼ぶことが出来、探しに行く手間が省け、介助がスムーズに行えるようになった。

③ 食堂でトイレに行きたいご利用者がいらっしゃった時に、他ケアワーカーを呼び、トイレ誘導を行ってもらえるようになった。「ちょっと待っててください。」とご利用者を待たせる事、また待たせる声掛けが少なくなった。

④ フロア内に職員を探す無駄な大きな声が響かなくなり、ご利用者が落ち着いて過ごせる環境整備につながった。

もちろん、混線問題などインカムの問題点もないとはいえません。引き続きこれらについては細心の注意を払って使用していきます。

清雅苑では月曜日から土曜日の毎日入浴を実施し、曜日によってばらつきのあった出勤職員人数を毎日7人で平均化し、その結果、各フロアで常勤換算で1.0名の人員を減らすことが出来ました。人員を減らすことはサービスの質を落とすことにもつながりかねません。しかし、職員が働きやすくなるものを導入することにより、「人員は削減しても、サービスの質は保つ。」インカムの導入はこのことを考えさせてくれました。

今後も続くであろう介護職員の人材不足。国でも奨励しているロボット事業などを導入する事で、少しでも現場で働いているケアワーカーの介護負担の軽減につながり、職員が安心して働ける環境を整えることで、少しでも長く仕事を続けることができ、先輩から後輩へ、ベテランから新人へのバトンをつないでいきたいと思っています。

職員が安心して働けることにより、ご利用者へ質の高いサービスを提供することができ、ご利用者が安心・安楽に生活して頂けるよう、清雅苑職員一同「考えながら、より良い介護」を目指していきたいと思います。

20190210_02

2019年01月

みなさま2019年も1月が終わろうとしていますが、いかがお過ごしでしょうか。
良く会話の中で、「時間がたつのが早いね。もう1月も終わってしまうよ」というフレーズを耳にいたします。たしかに私もそのフレーズ通りに早く感じていますが、過去にとった写真を整理していますと、その時間をたしかに過ごしていたことを感じることができます。写真って本当にいいものですね。

それでは、そんな1月の活動を報告していきたいと思います。
まず、清雅デイサービスでは毎年、1月に最初の行事として「新年会」を行っています。
毎月何かしらの行事を行っていますが、その中でも「新年会」は地域のボランティアの方々が出し物を披露して下さる会となっています。
今年も「かっぽれの会の皆さま」・「白百合の会の皆さま」が来てくださり素敵な出し物の数々を披露してくださいました。
ご利用者だけでなく、職員一同も楽しませていただきました、ありがとうございました。
来年もよろしくおねがいします。

次に報告したい活動として、新年会から派生して、続いている「干支書道パフォーマンス」を紹介したいと思います。 さかのぼること午年まで。新年会の中の職員の出し物として始まったパフォーマンスでしたが、大変好評で現在まで続くことになりました。ちなみに今年は「亥」年ですね。
ご利用者の前で音楽に合わせて、描き上げていくため、一発勝負です。失敗しても修正もできない、一からやり直しもできないため、かなり緊張する作業です。そのため担当できる職員も限られます。メインで担当していた職員が退職されたため、このパフォーマンスも途切れてしまうと思われましたが、書道パフォーマンスのために、ボランティアで書きに来てくれることになり、現在に至っております。

今年の作品はデイサービスに入って正面奥の壁に貼ってあります。喫茶みやびに寄られたついでにでも興味のある方は見学してみて下さい。

20190129_01
20190129_02
20190129_03
20190129_04
最後に、インフルエンザが流行しておりますが、負けずに頑張っていきましょう。

2019年01月

「新年のご挨拶」

新年あけましておめでとうございます。皆様におかれましては、輝かしい新春をお迎えのこととお慶び申し上げます。

旧年中は、ご利用者、ご家族、地域、関係機関の皆々様の多大なるご支援、ご協力賜りましたこと厚く御礼申し上げます。

  2018年の介護報酬改定は、清雅苑においては思いのほか影響が少なく胸をなでおろし、順調な運営を続けることが出来ました。一方、今年の漢字「災」が表すように、2018年は地震、台風等、全国で多くの自然災害と甚大な被害が発生し、清雅苑でも台風や集中豪雨、落雷による建物被害を受けることがありました。改めて、自然の脅威と災害の恐ろしさと感じた一年でした。

  清雅苑は地域包括ケアの拠点とともに、災害発生時には地域における福祉避難所として災害時支援拠点の機能を期待されています。防災計画やBCPの見直し、地域との防災対策の連携強化等課題は山積していますが、災害発生時にも地域に役立ち、信頼される施設となれるよう、より一層の準備を進めてまいります。

2018年の干支は亥年です。亥は十二支の最後の年、季節は冬、「春に向けた準備期間」「次のステージに向けて力を蓄える年」といった意味があるようです。次期介護報酬改定の議論は既に始まり、内容から見ても十分な備えが必要と強く感じます。また、いつ来るとも分からない自然災害への備えも少しでも早く整えなければなりません。
亥年・2018年は、地域包括ケアの拠点施設として、また災害時の支援拠点施設として、ご利用者、ご家族、地域の皆様に貢献するために必要な力を蓄えるよう全力で頑張ってまいります。

皆様におかれましては、何卒倍旧のご指導とご鞭撻を賜りますようお願い申し上げ、新年のあいさつといたします。

特別養護老人ホーム清雅苑
施設長 小滝 一幸

2018年12月

はやいもので今年ももう終わりですね。

みなさま、いかがお過ごしでしょうか。例年に比べ暖かいと感じた12月初めとは打って変わって、ここのところの寒さはいよいよ冬将軍到来といったかんじでしょうか。

さて、特養では12月5日に少し早めの【もちつき】を行いました!
昨年はうまくお餅が成形できないというハプニングもありましたが、今年はどうでしょう・・・!

まずは職員が捏ねます。男性職員がせっせと捏ねて・・・

20181205_001
さあ、お次はご利用者の番です!

20181205_002
力強く餅をつきます!!

  • 20181205_003
  • 20181205_004

周りのご利用者、職員も「よいしょー!!」という掛け声で盛り上げます。

20181205_005
普段、静かなご利用者も大きな声を出して下さり、餅つきの祭りのような雰囲気でした。
餅つきの最中、ご利用者の方々が「昔、よくやったよ」と昔を思い出しながら楽しそうにお話しされていました。
また、餅をついている際に、お餅の状態を細かくご利用者の方に見せていた為、「もう少しだな」「きれいね」「もうこんなになっちゃたの」と様々な反応をしてくださいました!
出来たお餅は、その場で召し上がって頂くことは出来ませんでしたが、おやつの時間に「お汁粉」としてお出ししました。
午前中に行った餅つきを思い出しながら、みなさま美味しそうに召し上がってくださいました。

まだ冬は始まったばかりです。風邪をひかないよう気を付けて過ごしましょう!
来年も良い年になりますように。

2018年12月

クリスマスの飾りつけ♪

清雅苑では入所されているご利用者、デイサービスのご利用者、訪れて下さる方々、皆様に季節を感じていただきたいとフロアの飾りつけにも力を注いでいます。
今の季節だとやはりクリスマス! 今回はフロアごとの飾りつけの様子をご紹介します。

まず清雅苑入ってすぐのエントランスを見てみましょう。

  • 20181221_001
  • 20181221_003
20181221_002
光るツリーとクリスマス仕様のペコちゃんポコちゃんがお出迎えです♪
エレベーターの上にはさりげなくトナカイ。

ではここからはデイサービスと入所フロアを見てみましょう。
デイサービスでは 飾りつけはご利用者との共同作業です。

20181221_004
切ったり、糊付けしたり。準備ができたら 飾りつけです。
  • 20181221_005
  • 20181221_006
  • 20181221_007
力作、完成しました! 素敵ですね。

20181221_008
では次は入所フロアへ。
こちらはご利用者皆様の共作とともに お一人お一人の作品も展示してあります。
  • 20181221_011
  • 20181221_010
ツリーやベル、音が聞こえてきそうですね♪
  • 20181221_012
  • 20181221_013
かわいいサンタさんとトナカイ♪

20181221_009
プレゼントがもうツリーに届けられています♪

いかがでしたでしょうか。
今回は各フロアのクリスマスに向けての様子をお届けしました!
皆様の生活が季節ごとに彩られたものになりますように。

Merry Christmas to all!!!!!!

トップへ戻る