活動予定・報告

活動予定・報告

■活動予定

■活動報告

夏の季節を感じる活動

特養 2階

8月を迎え、例年では清雅祭りの季節になりました。
今年は新型コロナウイルス感染予防の為、清雅祭りは中止となってしまいました。
その為各フロアそれぞれ夏祭りに因んだ装飾や行事を行っております。
夏祭りの装飾はご利用者様に協力して頂きながら制作しております。
例年とは違う形でのお祭りとなりましたが、ご利用者の皆様に夏を感じて頂ける機会となりました。

20200625

20200625

20200625

デイサービス七夕会

さて今回はデイサービスで7/7に行われた、七夕会の様子を紹介していきます。
事前に利用者の方々には短冊に願い事を書いていただきました。
毎年書かれているのは「宝くじが当たりますように」「家族の健康」「ダイエット」などですが、今年は「マスクがはやく外せますように」とコロナウィルスのことを書かれている方がいました。本当にその通りだなと思いました。
短冊が仕上がったら飾りつけも利用者の方々に手伝っていただきました。

20200625

20200625

「できないよ」と最初は言っていましたが、大勢の方々が手伝って下さり、あっという間に飾りつけも完成しました。飾りつけをしている最中は、みなさま真剣な表情で取り組まれていました。

20200625

飾りつけの後は、七夕にちなんだレクリエーションを行いました。
織姫と彦星のペアとなり、二人の距離を近づけるという七夕らしいよく考えられたレクだなと写真を撮りながら感心してしまいました。
ただ、成功した後の「ラブラブ」という職員の掛け声だけは笑ってしまい、写真だけ撮って退散しました。

20200625

今年は、月ごと、季節ごとの行事が中止になっているので、久しぶりに季節を感じることができたできごとでした。

「フードバンクきよせ」をご紹介します。

包括

みなさんこんにちは!清雅地域包括支援センターの鈴木です。
今回は、清瀬市社会福祉協議会が主催している「フードバンクきよせ」について紹介です。
フードバンクとは、まだ食べられる安全な食料を地域の皆さまから分けていただき、新型コロナウィルス感染症の影響で休業・失業された方やその家族を中心に、食料や日用品を提供し支援する活動です。
清雅苑でも、社会福祉法人として取り組みに協力させていただき、食料や日用品を社会福祉協議会へお届けしました。
引き続き地域のために貢献できる施設でありたいと思います!

20200625

七夕会 開催♪

特養3階

7月に入り、梅雨空の日々が続きますね。
今月は、フロアで七夕会を行いました。短冊に願い事を書いて皆様と笹に飾り付けを行いました。
皆様笑顔で参加されておりました。

20200625

20200625

2020年6月

地域包括支援センター

みなさんこんにちは!清雅地域包括支援センターの鈴木です。地域づくりを担当する生活支援コーディネーターとして勤務しています。
今年は、世界中で新型コロナウィルスの蔓延があり、今もその対応に追われています。
日本でも緊急事態宣言が出され、外出自粛となり慌ただしく過ごしました。

清瀬市でも、今年度の市主催のお祭りや行事の多くが中止となりました。
また、地域住民の方々も、日頃の市民活動や介護予防体操、趣味活動など三密を避けるため活動ができずにいました。

そんな中、地域づくりを担当する市内の生活支援コーディネーターは、自宅で過ごす地域住民の方々が、自宅でできる地域活動や社会参加ができないか協議しました。
世間ではマスクが不足していたことから、こちらで材料を用意し自宅でマスク作りを手伝ってもらえないかと考えました。
そして、できあがったマスクは作成者のメッセージを添えて、地域で必要とする方に配布する取り組みとしました。

20200625

生活支援コーディネーターのこの取り組みは、清瀬市や社会福祉協議会と一緒に行う取り組みとなりました。
取り組みの結果、100名を超える地域の方がマスク作成ボランティアとして参加してくださり、3,000枚以上のマスクが作成されました。
マスクの配布は、市内公共機関や介護施設、自治会、市内の児童関係者や子ども食堂関係者などに配布され大変喜ばれています。

20200625

地域住民同士のあたたかい気持ちが、この取り組みを支えてくれました。
今後もこのような取り組みを通じて、地域住民の方々と一緒に地域づくりを進めていきたいと思います。

トップへ戻る