Arrow
Arrow
Slider

トップ

令和3年度に向けてのごあいさつ

ご家族の皆様には、日頃から桐ケ丘やまぶき荘の運営に多大なご支援ご協力をいただいておりますことを深く感謝申し上げます。また新型コロナウイルス感染症の拡大につきましては、ご家族の皆様にひときわご心配をおかけしておりますことを大変心苦しく思っております。
桐ケ丘やまぶき荘は、平成13年に北区が開設しまして20周年を迎えることになりました。この間、5年ごとに北区の審査を経て私ども東京聖労院がその運営を任されてきました。このたび5回目の審査を経て令和3年度より5年間、東京聖労院がまた運営を任せていただくことになりました。職員一同、初心にかえり新たな気持ちで施設の運営にあたってまいりますのでよろしくお願いいたします。
令和3年度も今の状況からしますと新型コロナウイルス感染症の拡大は収束しそうにありません。私どもは、まずご利用者様の命と健康を守ることを最優先としなければなりません。新たに職員と委託業者全員にPCR検査を毎週実施して感染予防に努めると同時にその他のことについても令和2年度の経験と課題をふまえたうえで、施設の運営に生かしていくことを準備しております。
これからも新型コロナウイルス感染症につきましては、最大限の配慮をして施設の運営に取り組んでいきたいと思いますので、ご家族の皆様にはこれまでにも増してご支援ご協力をお願い申し上げます。

令和3年4月

施設長 藤井和彦

☆現在の面会方法☆

  ◆ガラス越し面会:中止とさせていただいております。
  ◆LINEによる面会:お電話にてご予約をお受けしています。
  ◆電話による通話:お電話にてご予約をお受けしています。

優しさある介護

桐ケ丘に自生していた花やまぶき。
「崇高」というその花言葉から、桐ケ丘やまぶき荘の名前が生まれました。
北区が設置し社会福祉法人東京聖労院が受託運営する公設民営の施設として、専門スタッフによる緻密な介護計画を実現します。

やまぶき荘からのお知らせ

「笑顔」

私たち桐ケ丘やまぶき荘に、テーマソング「笑顔」ができました。
タイトルの通りの明るい歌詞と、爽やかなメロディーで皆さんを笑顔にできればと思います。
私たち職員も、「職員満足なくして利用者満足なし」をモットーに「笑顔」と「活気」あふれる職場づくりを目指していきます。

やまぶき荘からのお知らせ

トップへ戻る

http://www.seirouin.or.jp/yamabuki/wp-content/themes/simplicity-child