特別養護老人ホーム

事業紹介

特別養護老人ホーム

■入所のお申し込み

北区内には現在10施設の特別養護老人ホームがあり、多くの入所希望の方の公平性を図るため、北区では平成14年度以降ポイント制(優先入所)を導入しています。ポイント制とは高齢で要介護度が重く、介護がより必要とされる方の緊急性を優先してご入所をいただく制度です。受付は北区高齢福祉課高齢相談の各窓口及び高齢者あんしんセンター(地域包括支援センター)で承ります。

申込書の受理(北区高齢福祉課)→優先度の評価(北区入所調整委員会)→待機者リスト→ベッドに空きが出たら、待機者リストのポイント(優先度)が高い上位の方からご入所いただく。

申込及び更新の受付は、北区高齢福祉課にて年2回(2/1~3/31、8/1~9/30)行っています。また、北区民を優先しておりますが、区外の方でもお申し込みの受付は可能です。

■入所定員・設備

入所定員は106名です。(2階30名/3・4階各38名)
4人部屋が68床、2人部屋が23床、個室は12床です。各お部屋には洗面台、トイレが配置されています。 座った姿勢や横になった姿勢で入浴できるリフト浴、ストレッチャー浴、完全なバリアフリー環境が整備されています。詳しくは施設の概要をご覧下さい。

■特別養護老人ホームの利用料について

ご本人様の所得の状況等により、食費・居住費の負担額がかわります。以下はひと月の利用料の目安です。

  • 住民税非課税の方で年金が80万円以下の方(生活保護を除く)–約4~5万円
  • 住民税非課税の方で年金が80万円以上の方———————約5~8万円
  • 住民税が課税世帯の方—————————————–約8~11万円
  • (但し、介護保険2割負担の方——————————–約11~14万円)

上記の額は利用料、実費負担分全て込みの額です。
要介護度やサービスの利用状況によっても額は細かくかわってきますのでお問い合わせ下さい。
※入所一時金、保証金などはありません。

■お問い合わせ先

入所のご相談、入所後の日常生活のご相談は生活相談員および介護支援専門員が対応させていただきます。

北区立特別養護老人ホーム
桐ケ丘やまぶき荘(相談支援課 安西・小林)

TEL:03-5924-0150

FAX:03-5963-6931

介護福祉老人福祉施設・介護保険指定事業所番号:1371705045
施設見学についても承ります。(要予約)

よくある質問

特養の申し込みから入所までどれくらいかかりますか?
ご入所はお申し込み順ではなく、北区内においてはポイント制(優先入所)を導入しています。(ポイント制については特別養護老人ホームの入所案内参照)従って、申込みの状況は北区高齢福祉課にお問合せください。
医療的な処置が必要な方は入所できますか?
桐ケ丘やまぶき荘には常勤の医師、夜勤の看護師が配置されておらず、お受けできる医療処置には限りがあります。(介護保険上の配置基準は満たしております。)
特養入所中に病気になったら?
桐ケ丘やまぶき荘から近隣の病院へ受診いたします(原則として、ご家族のお付添いをお願いしています)。万一、治療が必要な際には入院となりますが、回復の見込みがある場合は当施設のベッドは確保され、退所となることはありません(入院中の利用料は外泊加算、諸経費以外かかりません)。但し、3ヶ月以上の退院が見込めない場合は退所となります。入院が長くなる際は、ショートステイのベッドとして転用させていただく場合がありますので予めご了承ください。
特養入所中の受診の送迎サービスはありますか?
桐ケ丘やまぶき荘より近隣の協力医療機関を目安に車椅子、ストレッチャーなどお身体の状態に合わせた送迎が可能です。
お風呂は入れますか?
お入りいただけます。1.一般浴、2.リフト浴(車椅子の方用)、3.機械浴(寝た姿勢で入れるお風呂)をご用意しており、お身体の状態に合わせて職員がお手伝いいたします。
要介護5でベッド上で過ごすことが多い人でも利用できますか?
ご利用できます。おむつ交換、体位交換、食事介助など、必要な介護サービスを提供させていただきます。 ただし、特別な医療処置などが必要になった場合は、管理上対応できない場合もございますので詳しくはご相談ください。

トップへ戻る